毛そりのはじめ

私が脱毛を気にするようになったのは、小学校5,6年生の頃です。周りの女の子が「女子」を意識し始め、おしゃれに気を遣うようになり、モデルさんを参考にする子が増えていきました。私は、周りから少し遅れて「女子」を意識し始めました。そして、脱毛、毛をそることを始めました。始めるきっかけは、体育の時間。運動会の練習のため、体操服を着ていました。運動会は9月のため、練習は夏休み明けから始まります。まだ暑いので、体操服も半袖、短パンです。その短パンからにゅっと出ている私の足。

そこには毛があります。足を触るとふわふわとします。周りの女の子たちはつるつるの、きれいな足です。その時、毛がはえた私の足が、なんだか恥ずかしいものに感じました。それから、毛をそること、を始めました。初めの頃は、毛そりなるものを知らなかったので、はさみで挑戦していました。その後は、母に相談して、毛そりを買ってもらいました。腕の毛は、中学生からそりはじめました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする